上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
です

明後日の初アルバムに先立って
わたくし自身のホームページが完成〜〜〜

コチラです


是非是非
のぞいてみて!!

アルバム特設ページとかバンド紹介とか
かなり充実しております

blogも基本的にはこちらの方で書くつもりです

はい
ブックマークして!!!!

りかちゃん おりと君ありがとう!!
スポンサーサイト
vb4TITVZlX4jExoPT_Ro603CGd7gRsV2jkkN0ShAzHuRqVycDh_IvawJiNj6SX7Xy-IGbzLsmt4.jpg

次のライブはリリースライブになっちゃいます
決まってないけど、、

6日の巡間ライブ

沢山の方々に遊びに来て頂き感謝感謝

一曲目から
「今日は最後まで弾き切れるか、、、、」

一抹の不安がよぎる程感極まってしまいました


これで当分活動は休止ですが
別に
辞める訳ではありませぬ

長いお休みにはいるだけなのです

二人でこの三年間ゆっくりながらも曲を書いて詩を書いて
愉しい事此の上なかった
あの何か特殊な異空間の様なものを
たった一呼吸で出せるあの歌に
歌に真っ正面から取り組んで来たつもりだったので
悔いはございませぬ

ワタクシは古賀夕紀子と一緒に音を出してる時の自分が一番許せる程
あの歌が好きなのです

なので
いつでも再開出来る様に
新曲も書いちゃったし
録音もしちゃったし

なので
皆々様
気長に待って頂けると幸いです

1st
1出会いと別れ
2sabia
3waltz for debby
4moon river
5knouledge
6lots of love
7異国の鐘

2nd
1三寒四温
2ate quem sabe
3暁を待つ
4貝暖簾
5睦月
6流る

encore
残されし者の歌~異国の鐘

古賀ちゃんまた一緒に音出そうね

hazama





中秋の巡間ライブ

10月6日(土)
外苑前 z・imagine
03-3423-6343
19:00 open/ 1st 19:45〜 2ステージ
¥2,500 (drink 別)
<声楽的手法と器楽的手法の巡間>
vo:古賀夕紀子
pf:伊藤志宏

この日をもって
しばらくライブ活動をおやすみします

諸々の事情なので
しょうがないのです

古賀夕紀子という
ワタクシにとって希有な歌唄いとここ四年
ゆっくりながらも二人だけの何か表現が無いか模索してきて
愉しい事この上なかった

此の歌といっしょにやれてどれだけ自分の音楽が広がって、救われた事か

うーーん

あんまりちゃんと書けないな

とにかく
次のライブで活動休止

だけど新曲あります


是非是非遊びに来て!!

はい

いよいよ
きまってきました

ワタクシの初プロデュース作品

題名が
「Ladies & Pianoman」



なりました

アーティスト:伊藤 志宏  
アルバムタイトル: 「Ladies&Pianoman」
発売日:2012年10月17日 価格:2500円(税込)
発売販売元:Ramlbing RECORDS



快く参加して頂いた素敵な女性ボーカルを
一挙に大公開

順番は録音した順番です
失礼ながら敬称略致します

ウイリアムス浩子
畠山美由紀
nobie
有坂美香
行川さをり
たなかりか
名嘉真祈子
古賀夕紀子
青木カレン
一青窈


素敵なこと極まりないメンツ、、、

ワタクシの方針で歌い直しも無しで全て歌いきりで
リアルで生々しく、歌う事=生きる事
という雰囲気が其のまんま録れていると思っております


更に参加してくれたミュージシャンは

中路英明 trombone
太田朱美 alto flute
北田学 bass clarinet
田中詩織 viola
井上真那美 cello
藤本一馬 guitar
澤田浩史 bass
西嶋徹 bass
小森耕造 drums percussion
大儀見元 percussion

再び敬称略で申し訳ないですが

あ〜〜豪華〜〜

贅沢過ぎる

ワタクシの我が儘に皆々様快くお付き合い頂き
本当に感謝の念に絶えませぬ

合わせて総勢20人の素晴らしい音が集まって出来上がった
アルバムです


自分入れると21人だ

誰が何を歌っているかは
現物見てからのお楽しみなのです

maiko




絶賛発売中

ワタクシの中では
このアルバムは
「keep the faith」

(maikoさんホームページはこちら)

メンバーは
maikoさん
宮野弘紀さん
ワタクシ


maikoさんも宮野さんも
とにかくとにかく

信念の人

自分のフラフラぐにゃぐにゃ
としている性根が
此の方々と一緒に音を出すと
自然と
真っ直ぐになるような気がしてなりませぬ

二年前にリリースした「voyger」
から
密に演奏させてもらってますが
この一年程の彼女の
貫徹している様は

本当に素晴らしい

こればかりは誰も真似出来ないのでは、、、

それに加えて宮野さんのファンタジーな音色がピリッと屹立とするので

愉しい事この上ない

凄いよ宮野さん、、
本当に凄い、、

violin,guitar,pianoの変則トリオのサウンドの可能性を更に拡げたいものです

10月は此のメンツでツアーも行きます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。