上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
このシリーズ
未だ続いてます

反応しにくい
という批判も受けながらも気に入っているので、、

以下は実際にワタクシが調べて解ったという事ではなく
好きな文芸評論家の本に載っていた話の要約です

江戸、元禄時代の文化の流れの中で
歌舞伎というものは在る程度「型」
が極まった様
ここでの詳しい経緯は解らないながらも当時の俳句しかり、工芸品しかり、文学しかり
相当に爛熟していた訳

ではどのように「型」が極まったのか

それは決まっている「型」
をただひたすら反復して「型」を破り
するとまた新しい「型」が見えてくるという

際限の無い過程を経たとの事

恐らく理解の範疇を越えた努力が其処にはあった筈





スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。